心筋梗塞・狭心症とは

心筋梗塞、狭心症はともに、冠動脈(心臓が心臓自身に血液を送っている血管)の動脈硬化が進み、血管内腔が次第に狭くなり、血液が十分送られずに、心臓が酸素不足の状態に陥る病気です。これらを総称して、虚血性心疾患といいます。

狭心症とは、冠動脈が狭くなったり、詰まりかかったりして、心臓への血液供給が少なくなり、一時的に心臓への血のめぐりが悪くなることです。

狭心症

心筋梗塞とは、狭心症の状態から、更に冠動脈が完全に詰まって、心臓の筋肉細胞が死んでしまい、機能が低下することです。ほとんどの場合急に発症し、それを急性心筋梗塞といいます。

心筋梗塞

狭心症の治療

狭心症の治療には、薬物療法、冠動脈バイパス術や、経皮的冠動脈形成術(PTCA)というものがあります。治療方法は、医師との相談のもと決定します。ここでは、経皮的冠動脈形成術についてご紹介します。

経皮的冠動脈形成術(PTCA)

冠動脈の狭窄部を風船(バルーン)で拡げる手術です。上図のように、先端に風船(バルーン)のついたカテーテル(中空の柔らかい細い管)を、冠動脈の狭窄部分まで、PTCAガイドワイヤーで運び、狭窄部でバ ルーンを拡張させて血液の流れをスムーズにします。また、ステント(拡張可能な小さなメッシュ状の金属の筒)を留置する場合もあります。

これらの方法は、開胸せずに、大腿部もしくは手首の血管などからカテーテルを挿入するため、バイパス術に比べて患者さまの体への負担は少ないといえます。

※再狭窄(血管が再び狭くなる)が起こる可能性もあります。

PAGETOP