大動脈瘤とは

動脈が部分的に大きくなったものを動脈瘤といいます。風船と同じで、小さいときは大きな力を加えないと、なかなか大きくなりませんが、いったん大きくなり始めると、少しの力で、簡単に大きくなっていき、最終的には破裂する危険性があります。

大動脈瘤の種類

大動脈瘤の主な種類は3つあります。

真性大動脈瘤 仮性大動脈瘤 解離性大動脈瘤(大動脈解離)

真性大動脈瘤

血管の壁は大きく分けると、右図のように内膜、中膜、外膜の3層に分けられます。真性大動脈瘤は、この血管の壁の3層構造が保たれたまま瘤状の膨らみができるタイプです。

真性大動脈瘤

仮性大動脈瘤

大動脈の壁の一部が内膜、中膜、外膜の3層とも欠け、そこから漏れた血液が周りの組織を圧迫して“こぶ”になっています。壁が欠けていますから、血圧が高くなると破裂しやすくなります。

仮性大動脈瘤

解離性大動脈瘤(大動脈解離)

最近、非常に増えてきた病気です。内膜の亀裂ができ、内膜と中膜との間に血液が入り込み、2枚の膜の間が剥がされ、血圧によって、剥がされた部分に血液が入り込み、どんどん解離(裂け目)が広がっていくタイプです。血管が裂けるため、発症時にかなり強い痛みがあります。

突然、胸、背中、お腹に耐えられないような痛みがある場合はすぐに医療機関で受診しましょう。

解離性大動脈瘤(大動脈解離)

大動脈瘤

治療の原則は、破裂や解離させないことです。よって、こういった危険性がある場合に、動脈瘤を人工血管にて置き換えることが必要となります。手術する必要がない場合、あるいは手術が不可能な場合は破裂しないように予防するしかありませんが、どのように予防しても動脈瘤がある限り、破裂の危険性はあります。また、薬では動脈瘤を小さくすることはできません。

治療方法は二つの方法があります。

第一の方法は“こぶ”の部分を切除して人工血管と置き換える「人工血管置換術」です。全身麻酔のもと人工心肺装置を使用します。人工血管は合成繊維のポリエステルでできており、耐久性に問題はありません。

詳しくはこちら
人工血管

第二の方法は足の付け根の動脈からカテーテル(管)をいれ、この管を通じて人工血管を“こぶ”の部分に運び、そこに留置する「ステントグラフト内挿術」です。この方法は体の負担が少ないという利点があり、開胸、開腹手術が危険な患者さまに適しています。

詳しくはこちら
人工血管
PAGETOP