企業活動と医療機関等の関係の透明性に関する指針

  1. 企業方針
  2.  日本ライフライン株式会社(以下、「当社」)は、「病める人のために最新最適な医療機器を提供することを通じて社会貢献する」という経営理念のもと、患 者様のことを第一に考え企業活動を行なっております。新しい医療機器の開発や導入、また、医療機器の適正使用や安全使用を担保していくためには、医療機関 等との連携は必要不可欠であります。そのような産学連携の活動においては金銭の支払いが発生する場合があることから、当社では、従来、日本医療機器産業連 合会(以下、「医機連」)で定める「倫理綱領」、「企業行動憲章」、「医療機器業プロモーションコード」、及び医療機器業公正取引協議会が定める「医療機 器業公正競争規約」とそれらの精神に従い、医療機関等との関係の透明性確保に努めてまいりました。

     昨今の透明性確保に対する社会的要請の高まりを背景として、医機連において「医療機器業界における医療機関等との透明性ガイドライン」が策定されました。このガイドラインの理念を踏まえ、当社といたしましても「企業活動と医療機関等の関係の透明性に関する指針」を自社の指針として定め、当社の企業活動に伴う医療機関等への資金提供実績の情報を公開し、透明性を高めることで、これまで以上に高い倫理性を担保した上で企業活動を行なってまいります。

  3. 公開方法
  4.  当社から医療機関等に対する資金提供について、各事業年度の実績を当該年度の決算終了後、当社ホームページに掲載の上、公開いたします。

  5. 公開対象
  6.  当社から国内の医療機関等に対する以下の資金提供を公開対象といたします。

    1. 研究費開発費等
    2.  公的規制のもとで実施される各種試験、報告、調査等(臨床試験、治験、製造販売後臨床試験、不具合・感染症症例報告、製造販売後調査等)、及び企業が独自に行なう調査等の費用。

      ◆共同研究費 年間の総額
      ◆委託研究費 年間の総額
      ◆臨床試験費 年間の総額
      ◆製造販売後臨床試験費 年間の総額
      ◆不具合・感染症症例報告費 年間の総額
      ◆製造販売後調査費 年間の総額
    3. 学術研究助成費
    4.  医療技術の学術振興や研究助成を目的として行なわれる奨学寄附金、一般寄附金、及び学会等の会合開催を支援するための学会寄附金、学会共催費。

      ◆奨学寄附金 ○○大学○○教室:○○件○○円
      ◆一般寄附金 ○○大学(○○財団):○○件○○円
      ◆学会寄附金 第○回○○学会(○○地方会・○○研究会):○○円
      ◆学会共催費 第○回○○学会○○セミナー:○○円
    5. 原稿執筆料等
    6.  自社医療機器の適正使用等に関する情報提供のための講演や原稿執筆、コンサルティング等業務委託に関する費用。

      ◆講師謝金 ○○大学(○○病院)○○科○○教授(部長):○○件○○円
      ◆原稿執筆料・監修料 ○○大学(○○病院)○○科○○教授(部長):○○件○○円
      ◆コンサルティング等業務委託費 ○○大学(○○病院)○○科○○教授(部長):○○件○○円
    7. 情報提供関連費
    8.  医療関係者に対する自社医療機器の適正使用、安全使用のために必要な講演会、模擬実技指導、説明会等の費用。

      ◆講演会費 年間の件数・総額
      ◆説明会費 年間の件数・総額
      ◆医学・医療工学関連文献等提供費 年間の総額
    9. その他の費用
    10. 社会的儀礼としての接遇等の費用。

      ◆接遇等費用 年間の総額
  7. 公開情報
  8. 公開情報はこちらからご覧いただけます。