ニュース

2002年11月15日

平成15年3月期中間業績予想との差異及び通期業績予想の修正について

平成15年3月期(平成14年4月1日~平成15年3月31日)の業績予想について、平成14年5月20日付当社「平成14年3月期決算短信(非連結)」にて発表いたしました業績予想を下記のとおり修正いたします。

平成15年3月期 業績予想の修正等

1.中間期(平成14年4月1日~平成14年9月30日)

  売上高 経常利益 当期純利益
前回予想(A) 8,207 304 96
今回修正(B) 8,377 563 250
増減額(B-A) 170 258 154
増減率(%) 2.1% 85.1% 159.5%
単位:百万円

2.修正の理由

売上高につきましては、当社ではペースメーカの新しいタイプへの切り替えを完了し、基幹商品としてますます販売強化をしてまいりました結果、売上高は8,377百万円と予想比170百万円の増加となる見込みであります。経常利益につきましては、営業効率の向上を目指し、本年4月大阪営業所と神戸営業所の統合を図ったことを初め、各種経費の有効使用を改めて徹底するなどした結果、563百万円(予想比:258百万円増加)となる見込みであります。当期中間純利益につきましては、上記の理由により250百万円(予想比:154百万円の増加)となる見込みであります。

3.通期(平成14年4月1日~平成15年3月31日)

  売上高 経常利益 当期純利益
前回予想(A) 17,767 991 434
今回修正(B) 17,053 1,231 540
増減額(B-A) △714 239 105
増減率(%) △4.0% 24.2% 24.4%
単位:百万円

4.修正の理由

売上高につきましては、当社ではペースメーカの新しいタイプへの切り替えを完了し、基幹商品としてますます販売強化をしてまいりました結果、売上高は8,377百万円と予想比170百万円の増加となる見込みであります。経常利益につきましては、営業効率の向上を目指し、本年4月大阪営業所と神戸営業所の統合を図ったことを初め、各種経費の有効使用を改めて徹底するなどした結果、563百万円(予想比:258百万円増加)となる見込みであります。当期中間純利益につきましては、上記の理由により250百万円(予想比:154百万円の増加)となる見込みであります。

PAGETOP