ご挨拶

代表取締役社長 鈴木 啓介

株主・投資家の皆様には日頃よりご高配を賜り、心より御礼申し上げます。

当社は1981年に心臓ペースメーカーの輸入商社として事業を開始し、商品ラインナップを広げながら、国内の営業拠点を構築し、事業を拡大してまいりました。また、既存商品では満たせない医療現場のニーズに自ら応えていくことを目指し、1999年には自社製品の開発に着手いたしました。近年では自社製品が売上高の過半を占めるまでに成長しており、当社はメーカーであり専門商社でもあるというユニークなビジネスモデルを確立しております。

国内では高齢化等により循環器関連の疾患の増加が続く一方で、医療費の増大により医療財政は厳しさを増しております。こうしたなかで医療機器を扱う企業に求められているのは、患者様の負担を低く抑えた低侵襲な治療を可能とするとともに、医療経済性の面でも優れた医療機器を、医療の現場に届けることであると考えております。

海外ではこうした社会的要請に応える医療機器が日々開発されております。それらの商品を国内に広く普及させるためには、薬事承認の取得をはじめ、情報提供やトレーニング、第一線で活躍する医師とのネットワーク等が必要となります。当社としては、循環器領域における長年の経験により培ってきたそれらの能力を生かし、国内の医療現場に優れた商品を迅速に届けることが、当社の果たすべき役割の一つであると考えております。

また、医療機器の多くを海外からの輸入品に頼る日本において、当社は数少ない国内メーカーとしてグローバル規模のメーカーと競い合っており、自社製品は高いシェアを有しております。この開発力をより一層高めるため、現在、研究開発拠点であるリサーチセンターの拡充に取り組んでおります。そして今後の自社製品の成長に対応するため、マレーシア工場の稼働に向けた準備も進めております。

さらに自社製品の技術を応用した消化器等の新たな治療領域への進出や、海外市場への本格的な展開についても、今後の重要課題として位置付け取り組んでおります。当社といたしましては、足元の急速な事業規模の拡大に対応するとともに、さらにその先を見据えた取り組みを進めることで、より一層の成長を図ってまいります。

『…for Patient Comfort』
患者様の生きる力の支えとなることを目指し、当社は企業としての可能性をさらに広げ、最新最適な医療機器の提供に努めてまいります。

代表取締役社長 鈴木 啓介

PAGETOP