心腔内除細動システム
SHOCK AT α / BeeAT
販売名:心腔内除細動装置
医療機器承認番号:22400BZX00033000
販売名:心腔内除細動マルチカテーテル
医療機器承認番号:22400BZX00032000

心腔内除細動システム SHOCK AT α / BeeAT

概要

2012年9月より臨床使用を開始した心腔内除細動システムです。
現場の多様なニーズに沿って進化を続けています。

・新ジェネレーターは、チャージ時間の短縮、バンドパスフィルターの採用、AC電源の採用等の改善を図っています(当社従来機比べ)。

・カテーテルは、3種のアプローチ(SVC、IVC、Brachial)タイプと多様な電極配置の組み合わせにより豊富なバリエーションを揃えています。

特徴/ジェネレーター

shock AT α

Charge Time
充電速度

New

従来機に比べ、チャージタイムが大幅に短縮されました。より短い時間で除細動を行えます。

Output
出力

出力エネルギーは1~30Jで、1J毎の設定が可能。患者様の症状に応じた詳細な設定を行うことができます。また、出力波形は除細動効率が高いバイフェージック(二相性波形)を採用しています。

charge time 除細動直後の画面

Power Supply
電源

New

AC電源に加え、交流ノイズの影響を受けづらいDC電源も内蔵しています。

Filtered ECG
同期

New

バンドパスフィルターや新しいオートゲイン機構により、従来機に比べより精度の高いR波同期を行います。

Power Supply ECGモードの画面

特徴/カテーテル

shock BeeAT

Approach Options
アプローチ

New

SVCアプローチモデルのほか、IVCモデルをラインアップ。
また、Brachialにも対応可能なロングモデルも取り揃えています。

SVC approach

SVC approach
AP

IVC approach

IVC approach
左 RAO 右 LAO

Electrode Configuration
電極配置

New

心臓の大きさに合わせて適切なポジショニングで除細動が行えるよう、電極群間隔別の豊富なサイズバリエーションを取り揃えています。CSからRA、モデルによってはSVCまでの広範囲をマッピング可能。
※先端部分は電極ではありません。

Wide-band Electrodes
高効率設計

除細動を行うリング電極は4mmのワイドバンドタイプを採用。

Inner Structure
絶縁構造

マルチルーメンシャフトを採用し、CS、RAの導線およびプルワイヤーをそれぞれの独立したルーメンに配置することにより、絶縁性を強化。各ルーメン内には絶縁の強化と導線・プルワイヤーの摩擦による隔壁の摩耗を低減するため、高絶縁性フッ素系チューブを使用しています。

[特許:4545210号] Inner Structure 絶縁構造 断面図(例:S20884-80Mモデル)

ケースレポート/ 『J・Cath TIMES SPECIAL EDITION』

『J・Cath TIMES SPECIAL EDITION VOL.01』

横須賀共済病院における心房細動アブレーションの治療戦略とSHOCK ATシステムの活用法

監修:高橋 淳 先生 (横須賀共済病院 副院長)
執筆:大久保 健史 先生 (横須賀共済病院 循環器内科 副部長)

J・Cath TIMES SPECIAL EDITION VOL.01

『J・Cath TIMES SPECIAL EDITION VOL.02』

非肺静脈起源の心房細動に対するカテーテルアブレーションにおけるBeeAT(SAOC)/SHOCK AT有効活用法

新田 順一 先生 (榊原記念病院 副院長/循環器内科 主任部長)

J・Cath TIMES SPECIAL EDITION VOL.02

『J・Cath TIMES SPECIAL EDITION VOL.03』

心房細動アブレーションにおける術中除細動の有用性とIVC approach BeeATの活用法

福永 真人 先生 (小倉記念病院 循環器内科 副部長)

J・Cath TIMES SPECIAL EDITION VOL.03

『J・Cath TIMES SPECIAL EDITION VOL.04』

BeeAT SAOC(S208282-SAOC)モデルの有効性

木村 正臣 先生 (弘前大学大学院 准教授 不整脈先進治療学講座)

J・Cath TIMES SPECIAL EDITION VOL.04

製品カタログ・ケースレポートの注文等につきましては、最寄りの営業拠点までお問い合わせください。

PAGETOP
このサイトは、当社製品に関する情報を、医療関係の方に提供することを目的として作成されています。一般の方への情報提供を目的としたものではありませんのでご了承ください。
あなたは、医療関係の方ですか?
いいえ
(トップページに戻ります)