大腸用ステント
JENTLLY NEO Colonic Stent
販売名:JLL 大腸用ステント
医療機器承認番号:22900BZX00002000

JENTLLY NEO Colonic Stent

概要

国産初の大腸用ステント

Palliative(緩和的治療)にも、BTS(Bridge to Surgery:術前減圧治療)にも対応する汎用性、狙った位置への留置を可能とする高い操作性を追求したデバイスです。

特徴

拡張力 、柔軟性。そして滑らかさをもたらす独自のステントデザイン

異なる形状を組み合わせることで力の伝達と緻密なフィッティングを生み出すDia-Cross(ダイアクロス)構造と、ステント内部の形状を保持するスパイラルワイヤーによって大腸ステントに求められる性能の最適解を目指しています。

独自のステントデザイン
Radial force 適切なラディアルフォース

過度な力を掛けることなく狭窄を解消

Axial force アキシャルフォースの低さ

構造の改良により従来品と比べ更に柔軟性が向上

Smoothness ステント内腔の滑らかさ

デリバリーシステムの抜去やデバイスの追加をスムーズに

留置の正確性を高める ステント端部のフック構造

ストレート形状でありながら端部はフレア形状のように素早く開き、従来品と比べ狭窄の口側端に掛かりやすくなるよう改良しています。

フック構造 フック構造
フック構造
X線下での視認性
X線下での視認性
X線不透過マーカーを、
両端に3つずつ、
中央に2つ取り付けています。

特性

3.2mmチャンネル径内視鏡対応 9Fr デリバリーシステム

よりスムーズに、少ないストレスで操作できるよう様々な工夫をしています。

3.2mmチャンネル径内視鏡対応 9Fr デリバリーシステム 3.2mmチャンネル径内視鏡対応 9Fr デリバリーシステム

① 先端チップ

エッジ部分を減らし段差を少なくしています。

② アウターシース

伸びを低減するため2重編みブレードを採用しています。

③ Yコネクタ

力を伝えやすいようつまみを大きく設計しています。

④ ハンドル

大きめで握りやすい形状です。

仕様

Specifications

カタログ番号 ステント デリバリーシステム 適合ガイドワイヤ
(inch)
直径(mm) 長さ(mm) 外径(Fr) 有効長(mm)
JC2206SD92260922000.035
JC2208SD92280922000.035
JC2210SD922100922000.035
JC2212SD922120922000.035
マーカーの位置(展開時)
マーカーの位置 マーカーの位置

① ディスタルマーカー

マウントされたステントの口側端の指標

② センターマーカー

マウントされたステントの中央の指標

③ プロキシマルマーカー

マウントされたステントの肛門側端の指標

④ ビジュアルマーカー

内視鏡下でのステントの肛門側端の指標

⑤ アウターシースマーカー

アウターシースがどこまでスライドしているか=ステントがどこまで展開されているかの指標

PAGETOP
このサイトは、当社製品に関する情報を、医療関係の方に提供することを目的として作成されています。一般の方への情報提供を目的としたものではありませんのでご了承ください。
あなたは、医療関係の方ですか?
いいえ
(トップページに戻ります)