ニュース

2001年4月2日

カーディアック・パスウェイズ社との電気生理用カテーテル等の製造技術移転契約締結のお知らせ

当社はこのたび、2001年3月18日付で、米国カーディアック・パスウェイズ社(Sunnyvale, California)(以後CPC社)と、同社製電気生理用カテーテル*1等の日本国内における特許権を含めた製造技術移転契約を締結しました。

CPC社とは、1994年5月16日、同社製品の日本国内における独占販売契約を結び、主にアブレーションカテーテル*2 、電気生理用カテーテル等の輸入・販売を行ってきましたが、今回の契約により、電気生理用カテーテル(及びそのガイディングカテーテル、商品名:トリオ・アンサンブルシステム)については、当社の浮間ファクトリー(東京都北区)で製造し、販売していくことになります。

当社の電気生理用カテーテルは、年間約4500本使用されていますが、今後、市場ニーズに即した製品改良・自社製造をしていくことにより、売上の増加、利益率の向上、価格競争力の強化などが期待できると考えています。

*1 不整脈の患者さんに対しての詳細な診断として、電気生理検査(心臓内に管(カテーテル)を挿入し心内電位を診断)を行うカテーテル

*2 頻拍の患者さんの治療用具として開発されたカテーテルで、心臓内に挿入し、先端電極に高周波を流し治療を行う

PAGETOP