ニュース

2008年12月18日

株式会社ウベ循研の株式取得(子会社化)に関する株式譲渡契約締結のお知らせ

当社は、平成20年12月18日開催の取締役会において、平成20年8月4日付「株式会社ウベ循研の株式取得(子会社化)に関する基本合意のお知らせ」にてお知らせいたしましたとおり、株式会社ウベ循研(以下、「ウベ循研」という。)の株式取得に関し、ウベ循研の株主である宇部興産株式会社(以下、「宇部興産」という。)と株式譲渡契約を締結することを決議し、同日株式譲渡契約を締結いたしましたので、下記のとおりお知らせいたします。

なお、株式譲渡契約の締結にともない、上記8月4日付のお知らせ時点で未定となっておりました株式の取得価額および日程に関する記載を追加しております。(下線部分が追加の記載となります。)

1. 株式取得の理由

当社は、循環器領域を中心とした医療機器の販売を行っており、取扱商品については、従来は海外メーカーを中心に他社からの仕入商品が大半を占めておりました。しかしながら、医療機器の公定価格である保険償還価格の継続的引き下げに伴う収益率の低下や、海外メーカーを中心とする活発なM&Aの実施による販権の不安定化リスクが高まっている中、近年は、収益率が高く、販権を喪失するリスクが無い自社製造製品の開発・製造に注力しており、現在では売上高の2割弱を占めるまでに成長いたしました。

一方、ウベ循研は、会社創立以来、一貫して医療機器の研究開発および製造に取り組んでおります。同社は高い技術力を有しており、人工血管においては唯一の国産メーカーとして優れた製品を供給している他、血液浄化装置や人工心肺回路においてはOEM供給も行っております。

当社といたしましては、ウベ循研を子会社化することにより、同社が持つ開発・製造面でのノウハウを活用して当社の自社製造製品の一層の拡充を図るとともに、両社の研究開発や技術面での交流を行うことで、新たな製品開発の可能性が期待できるものと考えております。また、ウベ循研が製造する循環器領域の製品においては、当社の販売ネットワークを活用することにより、さらなる市場シェアの拡大が見込まれます。

以上のことから、ウベ循研を子会社化するために株式譲渡契約の締結を決定いたしました。

2. 株式を取得する会社(ウベ循研)の概要

(1) 商号 株式会社ウベ循研
(2) 代表者 代表取締役 鈴木 研一
(3) 本店所在地 東京都千代田区神田小川町一丁目10番
(4) 設立年月 昭和42年1月
(5) 主な事業内容 医療機器の製造、輸入、販売
(6) 事業年度の末日 3月31日
(7) 従業員数 59名(平成20年3月31日現在)
(8) 主な事業所 東松山工場(埼玉県東松山市)
千葉工場(千葉県市原市)
(9) 資本金の額 150百万円
(10) 発行済株式総数 300,000株
(11) 株主および所有割合 宇部興産株式会社 100%
(12) 最近事業年度における業績の動向
  平成19年3月期 平成20年3月期
売上高 2,104百万円 2,240百万円
売上総利益 636百万円 515百万円
営業利益 93百万円 15百万円
経常利益 77百万円 10百万円
当期純利益 50百万円 △2百万円
総資産 1,692百万円 1,634百万円
純資産 1,150百万円 1,127百万円
資本金の額 150百万円 150百万円
1株当たり配当金 66円67銭

3. 株式の取得先

(1) 商号 宇部興産株式会社
(2) 代表者 代表取締役社長 田村浩章
(3) 本店所在地 山口県宇部市大字小串1978番地の96
(4) 主な事業内容 化学・樹脂製品、建設資材、機械・金属成形品等の製造・販売
(5) 当社との関係 資本関係、人的関係および取引関係はありません。

4. 取得株式数、取得価額および取得前後の所有株式数の状況

(1) 異動前の所有株式数 0株(所有割合 0%) (議決権の数 0個)
(2) 取得株式数 300,000株(取得価額 908百万円) (議決権の数 300,000個)
(3) 異動後の所有株式数 300,000株(所有割合 100%) (議決権の数 300,000個)

5. 日程

平成20年12月18日 株式譲渡契約に係る取締役会決議
株式譲渡契約締結
平成21年2月17日 株式譲渡(予定)

6. 当社業績への影響と今後の見通し

今回の子会社化にともない、ウベ循研は平成21年3月期より当社の連結子会社となる予定ですが、平成21年3月31日(当社期末日)を株式のみなし取得日とするため、当期の業績に与える影響はありません。また、来期以降の業績見通しにつきましては、確定次第お知らせいたします。

以上

PAGETOP