ニュース

2010年12月1日

人工血管新工場竣工のお知らせ

当社の連結子会社でありますJUNKEN MEDICAL株式会社(本社:東京都品川区、代表者:代表取締役社長 藤本 登志治、以下「JUNKEN MEDICAL社」)において建設を進めておりました、人工血管を製造する新工場「JUNKEN MEDICAL市原工場」がこのたび竣工いたしましたのでお知らせします。

JUNKEN MEDICAL社で製造している人工血管「J Graft」シリーズは、現在、唯一の国産製品であり、独自のシールド技術や特殊な繊維構造の採用により、術後の発熱の少なさ、取り扱い性およびフィッティング性の良さ、さらに高い止血性等の特長を有しております。

当社では、昨年4月より「J Graft」の販売を開始し、医療機関より高い評価を頂いておりましたが、旧来の工場における生産能力に制約があったことから、需要に対して十分な供給を行うことができない状況が続いておりました。

このたび竣工した新工場は来年2月の本格稼動を予定しており、従来の工場に比べて約3倍の生産能力を有していることから、医療現場からの需要に対して安定した供給を行っていくことが可能となります。

当社では、引き続き世界の優れた医療機器を日本国内に導入するとともに、日本の医療現場に最も近い存在として、医療現場のニーズを的確にそして迅速に反映した自社製品の開発、製造にも取り組んでまいります。

JUNKEN MEDICAL 市原工場

JUNKEN MEDICAL 市原工場

新工場概要
名称 JUNKEN MEDICAL 市原工場
所在地 千葉県市原市
敷地面積 4,857.78平方メートル
延床面積 3,462.91平方メートル

以上

PAGETOP