胸部ステントグラフト内挿術

2. 胸部大動脈瘤(TAA)とは

胸部大動脈瘤(一般にTAA と呼ばれます)とは、胸部大動脈壁の一部が弱くなり膨らんだものです(図3)。瘤は大きくなり続けることがあり、治療しないまま放置すると裂傷や破裂が起こる可能性があります。風船と同じで、小さいときは大きな力を加えないとなかなか大きくなりませんが、いったん大きくなり始めると、少しの力で簡単に大きくなります。大動脈には多量の血液が通っており、裂傷・破裂による出血が生命を脅かす危険があります。小さいものや、ゆっくりと大きくなる胸部大動脈瘤はほとんどの場合、急に裂傷・破裂することはありません。大きい、または急速に大きくなる瘤は裂傷・破裂の確率が高いとみられます。 胸部大動脈瘤を発見し観察を開始したら、瘤の現状サイズおよび拡大速度等によって、手術が必要な状態になるかどうか医師は注意を払います。

胸部大動脈

  • 条件付きMRI対応植え込みデバイスサイト
  • よくわかる!心房細動ナビ
PAGETOP