心臓弁膜症の治療

6. 手術のリスク

検査方法

心臓手術を行う際には、その頻度は決して高くありませんが、一般的に以下のようなリスクを伴います。

  • ・脳障害
  • ・出血
  • ・感染
  • ・肺障害
  • ・腎障害
  • ・肝機能障害
  • ・不整脈
  • ・急性心不全
  • ・死亡 など

手術にそなえて

手術にそなえて、担当医師に現在治療中の病気や服用している薬を伝えて下さい。安全に手術を行うために、薬を中止して頂くことがあります。

歯科治療を受けている患者さんは、手術前に治療を完了させて下さい。虫歯による菌が血液を伝わり、心臓に感染を引き起こす恐れがあります。

PAGETOP