心臓弁膜症の治療

7. 手術の前日・当日に

手術の前日は、医師の指示にしたがって、飲食や入浴を行って下さい。感染を防ぐために、切開を行う部位の体毛を剃らせて頂くことがあります。手術室に入ると、モニター用のコードが手足などに取り付けられ、カテーテルと呼ばれる細い管が、静脈と動脈に挿入されます。

麻酔科医が患者さんに麻酔をかけますので、患者さんは手術の痛みを避けることができます。手術中は停止している患者さんの心臓と肺にかわり人工心肺装置が用いられ、心臓が停止しているあいだに弁膜症の手術が行われます。

手術の前日・当日に
PAGETOP