コーポレート・ガバナンス

コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方

当社は「最新最適な医療機器を通じて健康社会の実現に貢献する」ことを経営理念としております。

この理念のもと、「患者様にとって適切であるか」、「法令に適っているか」、「ビジネスとして合理性があるか」ということを企業活動における判断基準としております。

これらの基準を適切に守ることで初めて社会の公器としての役割を果たすことが可能となり、また、企業として継続的に存続、成長することが可能となります。その結果、株主をはじめとするステークホルダーのみなさまにとって価値ある企業として認めていただけるものと考えております。

そのために、コンプライアンス体制やリスク管理体制の充実を図り健全な経営を行うとともに、経営環境の変化に迅速かつ的確に対応できる経営体制の構築に努めてまいります。

コーポレート・ガバナンス体制

コーポレート・ガバナンス体制

コーポレート・ガバナンス報告書

コーポレート・ガバナンスの詳細についてはこちらをご覧ください。

PAGETOP