サステナビリティマネジメント

サステナビリティに関する方針

当社は、「最新最適な医療機器を通じて健康社会の実現に貢献する」を経営理念に掲げています。医療機器を取り扱う企業として、患者様、医療関係者に優れた医療機器を提供するという経済的な価値だけでなく、健康社会の実現という社会的な価値も同時に追求していくことを通じて、企業価値の向上を目指すという思いを込めております。さらに経営理念の実践とあわせて、当社を取り巻く様々なステークホルダーからの期待・要請に応えるため、ESG推進の様々な取組を行っていくことにより、中長期にわたる持続的な成長を可能とする基盤の強化にも注力してまいります。

ESGに関する取り組みを強化し、持続的な企業価値の向上を目指すことで、患者様とそのご家族、医療関係者、株主・投資家、取引先、社員、地域社会など、さまざまなステークホルダーの皆さまの期待に応えていきます。

サステナビリティに関する方針_1

サステナビリティに関する方針_2

マテリアリティの特定

マテリアリティ特定のプロセス

当社は、2021年6月に以下のように重要課題(マテリアリティ)の特定を実施しました。

<マテリアリティの特定手順>

STEP1.社会課題の洗い出し

国際的なサステナビリティに関するガイドライン(GRI、SASB、SDGs)等の評価項目を参照し社会課題を抽出。包括的な社会課題ロングリストを作成し、項目の整理を行い、社会課題ショートリスト(27項目)を作成。

STEP2.社会課題の優先順位付け

個別の社会課題について、「当社にとっての重要性」、「ステークホルダーにとっての重要性」の二つの軸を用いて評価、優先順位付けを実施。
マトリクスを作成し、当社が優先して取り組むべきマテリアリティの候補を選定。

STEP3.妥当性確認

選定されたマテリアリティ候補について、役員による討議を通じて妥当性を確認。

STEP4.マテリアリティの特定

特定したマテリアリティを以下の2つに分類して整理。

「事業を通じて解決する課題」
「事業基盤の強化として取り組む課題」

今後、特定したマテリアリティを起点に、KPI・目標値の設定、ロードマップ策定、取り組みの実行、進捗のモニタリングを行い、これらの結果について情報開示を行うことにより、ESGに関する取り組みを推進していきます。

マテリアリティ

当社は、7つのマテリアリティを「事業を通じて解決する課題」と「事業基盤の強化として取り組む課題」の2つに分類して整理し、各マテリアリティに主要テーマを設定しています。

● 事業を通じて解決する課題

領域 マテリアリティ 主要テーマ
Philosophy:経営理念
健康社会の実現
革新的な医療機器による医療課題の解決
  • 治療の安全性・有効性・効率性の向上
  • 患者様の身体的負担の軽減
  • 新たな治療手段の提供

● 事業基盤の強化として取り組む課題

領域 マテリアリティ 主要テーマ
Environment:環境
地球環境への配慮
環境負荷の低減
  • 資源の有効利用
  • 廃棄物の削減・適切な処理
  • 温室効果ガスの削減
Social:社会
働きがいのある職場の実現
安全・安心な製品の供給
従業員が安心して働ける職場づくり
  • 働きやすい職場環境の整備
  • 人権の尊重
  • 多様性の尊重
人材の育成と活躍機会の提供
  • 教育研修の充実
  • 多様な人材の活用
製品の品質と安定供給
  • 品質管理体制の維持・強化
  • 製品の安定供給
Governance:ガバナンス
責任ある企業としての行動
コーポレートガバナンスの強化
  • 監査・監督機能の強化
  • 客観性及び透明性のある経営判断・業務執行
  • リスクマネジメント活動の強化
コンプライアンスの推進
  • 企業活動における公正性と透明性の確保
PAGETOP